後悔しない分譲一戸建ての購入法、教えます~大阪郊外&奈良編~
HOME >  理想のマイホーム購入マニュアル >  注文住宅の流れとローン

注文住宅の流れとローン

 ここでは、注文住宅の家を建てて入居するまでの課程とローンに関するポイントを紹介します。

注文住宅の流れとローン申請

中古の一戸建てやマンションとは違い、注文住宅の場合はまず土地を購入する必要があります。
この場合お金使うタイミングが異なるので、予算の把握や家を建てるまでの流れを知っておく必要があります。
ざっくりとですが、建物を建てるまでの流れを確認しておきましょう。

1.予算把握
→「よし、自分たちの家を建てよう」と決めたものの何からすればいいのか分からない。
とりあえず住宅展示場やインターネットで情報収集したら、もうそれだけでお腹いっぱいになってしまいがちです。
家の好みや土地を決めるのもいいですが、まずは自分たちの予算がどれだけあるのかを把握して、
今後の見通しと無理せず完済できるローン額を計算することから始めます。

2.家のイメージ像と土地取得
→1で予算の目途が立ったら、次は自分たちがどんな家に住みたいか考えてみましょう。
今住んでいる家で不便なことや、何日か家族で話してみることやメモをするのも重要です。
これと同時にどこに建てるか、土地取得が必要です。
土地売買の手付金や諸費用が発生するので予算把握が重要です。

3.建築会社を選ぶ
→家造りをどこにお願いするか、これもかなり重要な決断です。
まずはネットで自分の地域で請け負ってくれる会社を探し、気になったら資料請求をして今まで建てた家の特徴やデザインを確認。
資料だけでなく、実際に展示場にも足を運びデザイナーの家への考え方や間取りの造り方、こだわりを聞くのも良い判断材料になります。

4.見積もりを依頼する
→建設会社が決まったら、図面や写真のみで見積もりをする概算見積もりを頼みましょう。
この時、1つの会社だけでなく他の建設会社にも見積もりを依頼して相対的に見積もりを見比べることをオススメします。
この見積書で、自分の希望通りの間取りを予算内で工面されているかなど、自分がポイントとしている部分にそっているかも確認しておくといいでしょう。

5.建設会社と一緒に詳細なプラン設計
→どこの会社に依頼するか決まったら、設計書と見積書を作成してもらいましょう。
契約後の間取りや空間の変更は予算オーバーになりやすいので、見積書の内容を細かく説明してもらい料金を確認しましょう。

6.住宅ローンの申請
→料金を確認して、契約を結んだら建築確認の申請と住宅ローンの申し込みをします。
返済期間や返済体系などを、今後の計画をしっかり立てることが大切です。

7.工事を始める
→いざ工事が始まると、工事の音や車の出入りが多くなり近隣の方々に迷惑がかかります。
着工前に建設会社の担当者と一緒に挨拶することが重要です。
この際にタオルやお菓子などを持って工事の詳細や完成日程などを説明します。
最初の挨拶時だけでなく、時折工事現場に進行状況を確認しに行くことも重要です。

8.建物の完成と入居
→工事が終わったら、建設会社の責任者や担当者と一緒に建物の内装だけでなく外装もチェックしましょう。
問題がなかったら登記をし住宅ローンを実行、完了検査済証と保証書を受け取り、最後に一番重要な建物の鍵を受け取ります
この瞬間から、その家での入居生活がスタートします。

これだけは知っておきたいつなぎ融資

注文住宅を建てる際に必要な建設設計費用や建設費は、原則自己資金で用意する必要があります。
建物の約70%以上の費用を用意しなければならないので、自己資金では足りないというケースがあります。
その場合は、建物が完成して正式なローン融資されるまで、銀行のつなぎ融資を利用します。
ローンを組む際には、このつなぎ融資が重要なポイントになるでしょう。